ネイチャーシェイプ13500で痩せる!ダイエットサプリの成分と効果

ネイチャーシェイプ,ダイエット,効果,

 

ネイチャーシェイプ13500は、機能性関与成分アフリカマンゴノキ由来エラグ酸と自然由来の5つの成分を配合!

 

体重や体脂肪、血中中性脂肪を気にする方をサポートする機能性表示のサプリメントです。

 

消費者庁に機能性表示食品として届出した健康食品。

 

注目されている方も多いと思いますが、実際にネイチャーシェイプを飲んで痩せるためには何が必要なのか?

 

ネイチャーシェイプ13500の成分とその効果とともに、ご紹介します!

 

ネイチャーシェイプの成分アフリカンマンゴノキとは

ネイチャーシェイプのダイエット成分は「アフリカマンゴノキ由来エラグ酸」という成分。

 

アフリカンマンゴノキ属ニガキ科の高木で、中央から西アフリカやインドなどの湿度の高い熱帯地方の低木が集まる森に分布している植物から摂れる物質です。

 

アフリカンマンゴーは、マンゴーに似た緑色から黄色の果実をつけ、果実や種子が食用にされています。
アフリカ大陸の各地では、アフリカンマンゴーが過度な食欲を抑えたり、肥満を解消して体重を減らしたりする働きのある薬草として古来より知られていた記録があります。

 

近年、アフリカンマンゴノキの成分が本格的に研究されており、体脂肪の合成を抑えたり、糖質の吸収を抑えるといった働きがあることがわかってきました。

 

アメリカ合衆国では、アフリカンマンゴノキの種子を乾燥させて抽出、粉末化したエキスを使ったダイエットサプリが発売され、人気を集めています。

 

現在のアメリカでは、アフリカンマンゴノキはメタボリックシンドロームの予防やダイエットを目的として、食事に加えたりサプリに配合されるなど、ダイエット食品として広く認知されているんです。

 

ネイチャーシェイプのダイエット効果とは?

毎年毎年繰り返されることですが、大人には年に数日は「食べなければいけない日」というのが存在します。

 

年末年始、歓送迎会、お盆休み、各種レセプション、誕生日、クリスマス、、、

 

ダイエットの誘惑>

 

久しぶりに会った家族と食卓を囲んで、、
お世話になっている職場の人達との親睦を深めるために、、
大切なパートナーと過ごす記念日、、、

 

こんなときに「ダイエット中だから、、」という理由で食事に手を付けないのはマナー違反です。
自分はそれでいいかも知れませんが、せっかく集まった周りの人達は白けてしまう。
そんな自分勝手で食べないわけにはいかないのが社会人というものですよね。

 

こんな時、ダイエットに励む人たちに逃げ場は無いのか?

 

残念がら、食べてしまったものは全て身体に吸収されてしまいます。
出来ることはただひとつ。

 

それ以外の日で調整するしかありません。

 

イベントで体重増加
イベントが終わった後にどう過ごすか?
それがデブとスリムの分かれ目なのです。

 

できるだけ早く調整し、食事も運動もしっかりコントロールしなくては行けません。

 

しかし、ここで出てくる問題は、一度緩んでしまった食欲をどう抑制するか?

 

ダイエットのため食欲に耐える>
一旦制限が外れてしまった食欲を抑えつけるには、しばしば激しい苦痛が伴います。
これに耐えきれずにダイエット失敗、リバウンド待ったなしになるダイエッターは数多いですよね。

 

こんな食欲を抑えるために、アフリカンマンゴーは心強い味方になってくれるかもしれません。
アフリカンマンゴーが食欲を抑制する原理を詳しく見ていきましょう。
アフリカンマンゴーでダイエット

満腹ホルモン「レプチン」を活性化

善玉ホルモンである「レプチン」は、脳に満腹であることを伝えて過食を抑える働きがあります。
また、脂肪細胞の多くを占める中性脂肪の分解を促し、エネルギー源として使うことができる脂肪酸に分解するのもレプチンの働きです。

 

レプチンの働きが阻害されると、満腹中枢がうまく働かず食欲を抑えきれなくなったり、
さらに脂肪が分解されにくくなり、食事で録ったエネルギーが脂肪細胞に溜まりやすくなってしまいます。

 

レプチンは脂肪細胞から分泌されるホルモンですが、この脂肪細胞が肥大化することによって働きが悪くなります。

 

肥満の人は脂肪細胞が肥大化しているため、レプチンの働きが弱く満腹中枢が正常に機能しないため、空腹に耐えられなかったり、食べすぎてしまったりするのです。
さらに、食べすぎた食事のエネルギーを消費する働きも弱いため、ますます脂肪細胞が肥大化していくという悪循環に陥っています。
ダイエットが上手くいかない

 

アフリカンマンゴノキには、食欲を抑えるホルモンであるレプチンの働きを活性化する効果があります。

 

肥大化した脂肪細胞はレプチンと結合するたんぱく質を分泌するため、このたんぱく質がレプチンと結合してしまうとレプチンは脳内に入っていけなくなり、満腹中枢のコントロールができなくなってしまうのです。
アフリカンマンゴノキにはレプチンと結合するたんぱく質を抑える働きがあるため、食欲をコントロールするレプチンがスムーズに分泌され、過度な食欲を抑えてくれることによって食べ過ぎを防いでくれるのです。

 

最強の善玉ホルモン「アディポネクチン」を活性化

脂肪細胞がつくるもう一つの善玉ホルモンが「アディポネクチン」です。

 

このアディポネクチンは、レプチンの働きを活性化させる働きを持つ効果があるため、相乗効果によって食べ過ぎや肥満の防止に役立っています。
また、アディポネクチンは血糖値をコントロールするホルモンである「インスリン」の働きも活性化するため、血糖値を下げて脂肪細胞が肥大化するのを防ぐ効果もあります。

 

一般的に、血糖値が急下降するときには空腹感が強くなります。
アディポネクチンが血糖値を安定させ、血糖値が安定すれば血中の脂肪酸の分解も進んでいきます。
これによって空腹感を感じづらくなり、脂肪の燃焼も促進されるのです。

 

アディポネクチン働きは多岐に渡り、血管修復作用や脂肪燃焼作用、血管拡張作用などがあり、肥満や糖尿病を予防する効果や、高血圧を予防する効果、メタボリックシンドロームを予防する効果などがあります。

 

80歳以上の長寿の人は、元々アディポネクチンの血中濃度が高いという研究結果もあり、
アディポネクチンはダイエット、健康、長寿に欠かせない最強の善玉ホルモンと呼ばれています。

 

そして、アフリカンマンゴーにはこのアディポネクチンの分泌量を増やし、働きを活性化する働きもあることがわかっています。
レプチンの働きを活性化し、脂肪細胞が肥大化するのを抑えれば、同じく脂肪細胞から産生されるアディポネクチンの働きも活性化することができるのです。

 

食べたい気持ちを強烈にブロック!

アフリカンマンゴーの種子に含まれるエキスが善玉ホルモン「レプチン」の働きを活性化。
「レプチン」は脳の満腹中枢に働きかけ食べ過ぎを抑制します。

 

甘い物を我慢しなくてもOK!

インスリンの働きを活性化させ糖の代謝を促進します。
このため、糖分や糖質を食べてしまっても吸収しにくくなります。

 

糖の吸収を抑えるサラシア配合!

ネイチャーシェイプにはトクホとしても有名なサラシアも配合されています。
食後の血糖値上昇を抑え、肥満気味の方の体脂肪率や血中中性脂肪、BMIの低下、および体重やウエスト 周囲径の減少を助ける機能が報告されています。

 

ネイチャーシェイプはこんな人におすすめ!

・今度こそダイエットを成功させて理想の体型を手に入れたい!
・今までのダイエット失敗の原因が「食欲に勝てない」事だった!
・どうしても空腹感に勝てない。食べ始めたら食べすぎてしまう!
・運動が苦手。食べた分運動するとか無理!
・ちょっと食べ過ぎたらすぐ体型に出てしまう。太りやすい体質だと思う!
・ダイエット中の空腹感を抑えて、太りにくい体質になりたい!